2007年10月の情報です。

かながわの環境 「記者発表資料・お知らせ」目次へ 神奈川県環境科学センターのホームページ

平成19年10月22日
記者発表資料

(県政記者クラブ、平塚記者クラブ同時発表)

「アサガオのカーテン」の効果を測定しました

−体感温度が最大で7.3℃低下−


 6月に県庁新庁舎と環境科学センターにおいて、ヒートアイランド緩和対策の一つとして壁面緑化(アサガオのグリーンカーテン)を試験的に導入し、その効果を測定しました。
 グリーンカーテンの設置により、気温の低下、体感温度の低下、建物の壁面温度の低下が確認され、冷房機からの人工排熱の減少、夜間の建物からの放熱量の減少が期待できることがわかりました。


1 実施期間
  平成19 年6 月23 日〜9 月23 日(92 日間)

2 実施場所
  県庁新庁舎、環境科学センター(平塚市四之宮) の2 階バ ルコニー

3 結果
 (1) 気温低下
 グリーンカーテンにより日射が遮られ、内側の気温の 最高値は平均で2.6℃(県庁舎)、1.7℃(環境科学センタ ー)低下
 (2) 体感温度(人の肌が感じる温度)の低下
 室内の体感温度は、非冷房時で平均3.4℃、最大7.3℃ 低下、冷房時で平均2.1℃、最大4.2℃低下(県庁舎)
 (3) 建物の壁面温度の低下
 建物に届く日射量は、65%(県庁舎・8/25)、44%(環 境科学センター・8/21)の減少。
 建物の壁面温度は、平均5.0℃、最大6.8℃低下(県庁舎・ 8/25 の日差しの強かった11:00〜15:00 の平均)
設置の効果の図

4 今後の対応
 環境科学センターでは、今回の調査結果を市町村に情報提 供し普及を進めるとともに、市町村や学校等から要望があっ た場合には、効果測定の方法等について技術的な相談に応じ ます。


問い合わせ先
(技術的事項)
環境科学センター企画部 池貝
 電話0463-24-3307(直通)
(その他)
環境計画課地球温暖化対策班 加藤
 電話045-210-4076(直通)