環境科学センターのロゴ

  環境科学センター > かながわPRTR情報室 > PRTRについて


神奈川県環境科学センター かながわPRTR情報室

PRTRについて

 

PRTRとは、Pollutant Release and Transfer Registerの略称であり、環境汚染物質排出移動登録とも呼ばれます。化学物質の環境への排出量や廃棄物に含まれて事業所外へ運び出される量(移動量)を毎年集計して、公表する制度です。 日本のPRTRは、特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(化学物質排出把握管理促進法、化管法とも呼ばれます)に基づき、2002年(平成14年)から実施されています。公表されたデータは、誰でも利用することができます。PRTRデータを通して化学物質に対する関心が高まっていけば、化学物質の利用の方法や管理のあり方が見直されて、化学物質の環境に対する影響が減っていくことが期待されています。

 

PRTRの対象物質は第一種指定化学物質と呼ばれ、環境中に広く存在し、次のいずれかの有害性の条件に当てはまるものが政令で指定されています。
 人の健康や生態系に悪影響を及ぼすおそれがあるもの
 その物質自体は人の健康や生態系に悪影響を及ぼすおそれがなくても、環境中に排出された後に有害な化学物質に容易に変化するもの
 オゾン層を破壊するおそれのあるもの
詳しくは、対象化学物質のページをご覧ください。

 

PRTRデータの集計と公表 :対象事業所では、対象物質の1年間の環境への排出量と廃棄物としての移動量を算出して国に届け出ます。国はこれを都道府県ごとに集計し、毎年公表します。対象事業所以外の発生源(家庭や農地、自動車など)からも対象物質が発生しますが、これは国が推計します。この量は届出外排出量と呼ばれ、対象事業所からの届出データと併せて公表されます。 神奈川県環境科学センターでは、国が公表した都道府県ごとのPRTRデータ集計結果をもとに、県内市区町村ごとの環境排出量を推計しています。その配分根拠となる統計資料等は補足説明のページをご覧下さい。 届出外排出量は、次の表1に示すとおり4つの排出区分に分けられ、この排出区分ごとに排出量が推計されます。このうち、「裾切り以下の事業者」を除く区分は、特に非点源排出量と呼ばれています。届出外排出量は、対象物質を使用した製品の出荷量や様々な統計資料を使用して都道府県ごとの排出量が推計されます。

 

表1. PRTR届出および届出外排出区分
届出排出量 届出外排出量
対象事業所 裾切り以下事業者 非点源排出量
非対象業種 家庭 移動体
従業員20人以下の事業者
年間取扱量1トン*未満の事業所
(平成14度分までは5トン)
農林水産業
建設業
運送業など
家庭用塗料
家庭用接着剤
住居用洗剤など
自動車
二輪車
船舶など

*特定第一種指定化学物質の場合は0.5トン

 

なお、国および神奈川県が公開しているPRTRデータにはいくつかの限界があり、データを見るときには、この点に留意することが必要です。詳細は補足説明のページをご覧下さい。