環境科学センタートップページ観察測定用機材                                 サイトマップ

騒音計

 

騒音の大きさを測る機材です。
騒音計で測定できる周波数は20~8000Hz、測定できる大きさの範囲は30~130db。人間の耳の感度は、高音域の音、中音域の音及び低温域の音ごとに感度が異なります。人間の耳は1000~2000Hzの周波数が感度がよく、この範囲外は感度が低下します。この感度に合わせたフィルターの特性をA特性と呼び騒音測定はA特性で行います。


○メーカー・型番

リオン㈱  NL-15 2台  

      NL-26 2台

      NL-27 2台

○台数 6台
○取り扱い難易度 やや難(取り扱い説明を読んでください。)