右上のウインドウ閉じるボタンでウインドを閉じて、元のページへ戻って下さい

カルガモのピッピちゃん

作  狩野光子 絵  直塚理恵子
紹介)どんなに素晴らしい知恵や科学技術があっても、それをどう生かすかは人間の心です。その人間が「命」の尊さを幼少の頃から学ぶことがとても大切だと思います。仏教の教えに「輪廻」という教えがあると聞きますが、もし今度生まれ変わるとき、紙芝居に書かれている、しろイルカやカルガモ、メダカなどに我が身を置き換えて、自分以外の命にも痛みを感じられるような、そんな心を育んでほしいと願って書きました。 (20ページ
カルガモのピッピちゃんの表紙

「カルガモのピッピちゃん」の一部紹介
絵
文章