右上のウインドウ閉じるボタンでウインドを閉じて、元のページへ戻って下さい


地球君とビコちゃん

作  狩野光子 絵  直塚理恵子
紹介)自然界では木々の葉や動物の死骸、排泄物がいつの間にか消えている。それが何十億年も続いてきた。それは地球のお掃除やさんの好気性微生物が静かに分解し続けて来たからだ。今、それが危うくなってきている。好気性微生物の存在を、もっと大勢の人が深く意識することによって、自然への「畏敬」の念を持つことが出来れば、かなりの環境問題が解決されると思う。 (24ページ)
地球君とビコちゃん

「地球君とビコちゃん」の一部紹介
絵
文章