右上のウインドウ閉じるボタンでウインドを閉じて、元のページへ戻って下さい


環境測定に使われる単位

 1.大気の環境測定に使われる単位

 空気には、いろいろな種類の気体が混じっています。気体の濃度は、含まれている物質と空気との体積の比率で表します。例えば空気中の主な気体の体積の割合は、窒素(N)が78.1%、酸素(O)が21.0%、アルゴン(Ar)が0.9%となっています。ここで使っている「%(パーセント)」というのは、みなさんご存じのとおり「百分の一」を表す単位です。
 では、最近話題の二酸化炭素は・・・というと、産業革命以前には平均約280ppmであったものが、2006年には381.2ppmと36%も増加しています。ここで使っている「ppm(ピー・ピー・エム)」というのは、「百万分の一」を表す単位で、1ppmを「%」で表すと0.0001%になります。
 大気汚染に係る環境基準では、ガス状の物質である二酸化いおう(SO)、一酸化炭素(CO)、二酸化窒素(CO)や光化学オキシダント(O)の濃度単位に「ppm」が用いられています。
 また、さらに薄い濃度を表現する場合には、「ppb」や「ppt」という単位が用いられます。
略号 英語 比率
per centage(パー・センテージ) 100分の1
ppm parts per million(ミリオン) 100万分の1
ppb parts per billion(ビリオン) 10億分の1
ppt pert per trillio(トリリオン) 1兆分の1
 1cm3=0.000001m3なので、1ppmとは、1m3の空気中にその物質が1cm3含まれているということになります。

 ただし、気体の体積は温度により増加します。また、粉じんは重さで測定されるのでppmは使えません。
 ベンゼンなどの有害大気汚染物質や浮遊粒子状物質 (SPM)などには、mg/m3という重量の単位が用いられています。
 この「mg」の「m」は「接頭語」という略号で、それぞれの後ろに単位がつきます。
略号 読みかた 大きさ
ミリ 10−3 1000分の1
μ マイクロ 10−6 100万分の1
ナノ 10−9 10億分の1
ピコ 10−12 1兆分の1
  なお、大きくなるほうの接頭語には以下のようなものがあります。
略号 読みかた 大きさ
キロ 10 1000倍
M メガ 10 100万倍
G ギガ 10 10億倍
T テラ 1012 1兆倍

 2.水質の環境測定に使われる単位

 河川・湖沼、海域や地下水の水質に係る環境基準では、mg/L(ミリ・グラム、パー(毎)、リットル)という濃度単位が用いられます。1mg/L とは、水1L(リットル)中に物質が1mg 含まれているということです。
 ちなみに、比重が1の水1Lは1kgなので、
   1mg/L  
 = 1mg/1kg=1/1,000g÷1,000g=1/1000000
 = 1ppmとなります。
 また、さらに薄い濃度を表現する場合には、「μg/L」や「ng/L」という単位が用いられます。