設定変更可能な項目と選択肢


メニューに戻る
 
線種設定
記号設定
色の設定
グラフ関係の選択肢

 
線種設定ウィンドウ
線種設定ウィンドウ 線種選択ウィンドウの例
線種選択ウィンドウ

 □の中に横に1本線が入っているときは、□の中をクリックすることで、線の種類を変更できる。

 左の例では、変更したいオブジェクト名の右にある線をクリックする。



■次へ >>>



 
線種選択ウィンドウが表示される
線種選択ウィンドウ @線種を選択
使いたい線種の左の○をマウスでクリックする。

A太さを▼で選ぶか、キーボードから入力する。(半角)

Bクリックすると、色の選択画面が出るので、使いたい色を選ぶと戻る。

COKボタンを押す


■次へ >>>


 
線種設定画面に戻る
線種設定画面  変更したい線について繰り返す。



 OKボタンを押して設定を終了する。



■次へ >>>
この画面のトップへ戻る


 
記号設定画面
 記号の種類、サイズを選択する。

@記号を選択する。
Aサイズを選択する。
サイズは、▼で選択する。キーボードから数値を入力することも出来る。

B内部色・模様をクリックする。
記号設定画面

■次へ >>>


 
ハッチ設定画面になる
@模様を選択する。


A色をクリックする。


■次へ >>>
ハッチ設定画面


 
色設定画面
色設定画面 使いたい色をクリックする。


■次へ >>>



 
模様設定画面
模様設定画面 @模様をベタではなく線(ハッチ)にした時は、密度を濃くする。

大きな部分では標準のままの密度でよいが、記号が小さい時はベタにするか密度を濃くしないと、線がまばらで見えない。


AOKボタンを押す

■次へ >>>


 
記号設定画面に戻る
記号設定画面  OKボタンを押して終了する




この画面のトップへ戻る

 
色設定画面
色設定画面 使いたい色をクリックすると色が選択され、呼び出された画面に戻る。



この画面のトップへ戻る


 
グラフ関係の選択肢
グラフの最大サイズ
グラフの最大サイズ  円グラフ、帯グラフは、最大サイズを固定すると、全体を100%とした比率で作図する。
 可変で作図すると、データの大きさに合わせた円グラフが作図できる。
 サイズは、数字の右の▲▼で数字を変えるか、直接入力する。

■次へ >>>


 
グラフの形式
グラフの形式  円グラフ、帯グラフは、最大サイズを固定すると、全体を100%とした比率で作図する。
 折れ線グラフ、棒グラフは、最大サイズ以内で測定データに合わせて作図する。


■次へ >>>


 
グラフに問題がある場合
グラフに問題がある場合  描画開始の右に注意マークが表示されているときは、グラフ作成ができない。
 描画開始ボタンを押すと、エラー内容が表示される。

■次へ >>>


 
グラフのデータ選択
グラフのデータ選択  ○数字の右にある「なし」をクリックすると、データ項目選択メニューがポップアップする。
 選択すると閉じる。


この画面のトップへ戻る






メニューに戻る