自分の測定した地点データを追加して地図を作成する


メニューに戻る

白地図の作成

MANDARAを起動します。


 地理情報分析支援システム MANDARAの「主題図表示」ウィンドウが表示されたら、「地図データ作成・編集」タブをクリックしてください。


 表示されないときは、


 「地図データ」をクリックし、「国土数値情報読み込み」にマウスカーソルを合わせると、メニューが出ますので、「旧フォーマット」をクリックしてください。



 「地図データ作成・編集」タブをクリックする。



 国土数値情報(旧フォーマット)をクリックして、





 「OK」ボタンを押してください。




1.国土数値情報を解凍したフォルダを選択してください。

2.世界測地系をクリックしてください。

3.取得都道府県で地図を作成したい県を選択してください。
 1県ずつ作成し、後でつなぎ合わせることができます。
(マップエディタで「ファイル」から「地図ファイルの挿入」を行うと合成できます。)

4.オブジェクト名には、「都道府県+群市+区町村」が選択されていますが、このチェックを外して、「行政コード」と「市区町村名」を選択してください。

 鉄道・駅、道路、河川は、適宜選択してください。


5.「ファイル変換」ボタンを押すと、地図が作成され、マップエディタが起動します。



 変換中は、「ファイル変換」ボタンの上に変換状況が表示されます。


 「ファイル」から「地図ファイルに名前をつけて保存する」を選択してください。
 白地図として使いますので、わかりやすい名前を付けて保存してください。


 

地図に自分の調査した地点データを追加する

 MANDARAからマップエディタを起動します。
 「ファイル」から「地図ファイル読み込み」をクリックし、元になる地図をクリックして「開く」ボタンを押してください。

 白地図を作成直後はマップエディタ画面ですので、このまま作業します。

自分の調査した地点データが日本測地系の場合

  1. 「設定」→「座標変換」→「緯度経度座標系の測地系変換」→「世界測地系→日本測地系」で地図を日本測地系にする。
  2. 「編集」→「点オブジェクトの取り込み」→「緯度経度」で保存したファイルを指定して調査地点を取り込む。
  3. 「設定」→「座標変換」→「緯度経度座標系の測地系変換」→「日本測地系→世界測地系」で地図を世界測地系にする。
  4. 地図ファイルを保存する。



 「編集」をクリックして「点オブジェクトの取り込み」へ行くとメニューが出ますので「緯度経度」をクリックしてください。




 取り込み方法の参照ボタンを押して保存してある調査地点ファイルを選択してください。

 並び順を選んでください。
 センターで提供しているソフトを使った場合は、「地点名,緯度,経度」の順番になっています。

 オブジェクト名称は、「調査地点」等と入力してください。
 プレビューボタンを押すと、調査地点ファイルの内容が表示されます。

 取り込みボタンを押してください。


取り込んだ地点が地図上に表示され、読み込み結果が表示されます。



 取り込み結果が表示されたら、「OK」ボタンを押して閉じてください。




 「ファイル」から「名前を付けて地図ファイル保存」を選択し、調査地点図を保存してください。
 同じ名前で保存することもできます。

 「ファイル」から「マップエディタの終了」をクリックして終了してください。
国土数値情報(旧フォーマット)読み込み画面が残っていたら、「終了」ボタンで閉じてください。




メニューに戻る