平成29年度 環境科学センター研究課題一覧

  ※ 課題名をクリックすると研究概要をご覧いただけます。

1.プロジェクト研究

課題名 研究期間
 (1) 微小粒子状物質の広域的な汚染実態の把握と発生源寄与の解明 
   小松宏昭、武田麻由子、長谷部勇太、石割隼人、朝倉 純、十河孝夫
継続27~29
 (2) 微小粒子状物質(PM2.5)中の有機炭素成分の指標化の検討 
   石割隼人

継続27~29
 (3) 相模湾沿岸域におけるマイクロプラスチック汚染の実態解明
   三島聡子、大塚寛人、中山駿一、秀平敦子、朝倉 純、長谷部勇太、大津岩雄、高坂和彦 
新規29~31

2.地域課題研究

課題名 研究期間
 (1) 大涌谷における火山ガスの測定手法の開発  
   十河孝夫、秀平敦子、小松宏昭、武田麻由子、高坂和彦、星崎貞洋、温泉地学研究所
継続28~29

3.共同研究

課題名 研究期間
 (1) PM2.5の環境基準超過をもたらす地域的/広域的汚染機構の解明 
  小松宏昭、武田麻由子、国立環境研究所ほか【Ⅱ型実施共同研究】
継続28~30
 (2) 神奈川県におけるネオニコチノイド系農薬等の環境実態  
  中山駿一、三島聡子、大塚寛人、長谷川敦子、高坂和彦、国立環境研究所ほか【Ⅱ型実施共同研究】
継続28~30
 (3) ブナ林再生に向けた総合的なリスク評価に関する研究  
   武田麻由子、十河孝夫、国立環境研究所ほか【Ⅱ型実施共同研究】
新規29~33
 (4) POPs等難揮発性化学物質の大気環境中の実態  
   三島聡子、大塚寛人、中山駿一、高坂和彦、星崎貞洋、川崎市環境総合研究所
継続26~29
 (5)騒音と振動に対する心理反応の相互影響  
   横島潤紀、石川高等工業専門学校ほか
継続28~29
 (6) 騒音に対するアノイアンス、苦情及び行動との関係について  
   横島潤紀、防衛施設協会、熊本大学
新規29

このページの先頭へもどる

 


これまでの研究テーマ

  環境科学センターでは、「研究テーマ」を設定し取り組んでいます。