平成22年度 環境科学センター研究課題一覧

※ 課題名をクリックすると研究概要をご覧いただけます。


1.プロジェクト研究

 

課題名 研究期間
環境中の化学物質の汚染実態解明と環境リスク評価
(1) 自動車等由来の難揮発性化学物質による環境負荷の実態解明
三島聡子、長谷川敦子、斎藤邦彦、飯田勝彦、杉山英俊
新規22~24
(2) 難分解性化学物質の水域における汚染源の解明
大塚知泰、長谷川敦子、飯田勝彦、杉山英俊
新規22~24
水源環境の保全に関する研究
(1) ダム湖集水域における高度処理型浄化槽整備の効果検証
田所正晴、池田佳世
新規22~23
(2) 水源河川における生物多様性の解明
齋藤和久、池田佳世
継続19~23
(3) 大気環境に係る丹沢ブナ林の保全に関する研究
武田麻由子、小松宏昭、岡 敬一
新規22~24
地球温暖化及びヒートアイランド対策のための技術支援に関する調査研究
(1) 地球温暖化対策のための技術支援に関する調査研究
佐藤裕崇、中田康博、大塚定男、高橋通正、小田 匠
継続19~22
(2) 温暖化影響観測指標の設定等に関する調査研究
中田康博、佐藤裕崇、河野郷史、小塚広之、大塚定男、高橋通正、小松宏昭
新規22~24
(3) イオン液体を用いたバイオマス変換に関する研究
渡邉久典
新規22~24

 

2.地域課題研究

 

課題名 研究期間
  (1) 電気探査技術の活用による最終処分場の安定化の状況把握手法及び浸出水処理施設の適正管理手法に関する研究
高橋通正、辻 祥代、三村春雄、秀平敦子、井上 充
新規22~24
(2) 光化学オキシダント高濃度の発生原因の解明
小松宏昭、武田麻由子、岡 敬一、星崎貞洋
継続21~23

 

3.共同研究

 

課題名 研究期間
(1) 有機フッ素化合物の環境汚染実態と排出源について
三島聡子、長谷川敦子 、国立環境研究所ほか【C型共同研究】
継続20~22
(2) 植物のオゾン被害とストレス診断に関する研究
小松宏昭、武田麻由子、国立環境研究所ほか【C型共同研究】
継続21~23
(3) 最終処分場浸出水の水質変動特性の解明に関する研究
高橋通正、辻 祥代、国立環境研究所【B型共同研究】
継続21~23

このページの先頭へもどる

 


これまでの研究テーマ

環境科学センターでは、「研究テーマ」を設定し取り組んでいます。