平成14年度環境科学センター研究課題一覧

太字は中長期研究方針の目標課題

※ 特定研究及び経常研究については、課題名をクリックすると研究概要をご覧いただけます。また、研究期間の終了した課題(継続課題も含む)の一部は、研究期間欄をクリックすると研究報告(PDFファイル形式)がご覧いただけます。

 

1 特定研究

 

     
課題名 研究期間
○ 化学物質による環境リスクの低減
(1)PRTRデータへの地域性の付加と活用に関する研究 継続 13~14

 

2 経常研究

 

2-1大気環境部

 

     
課題名 研究期間
○ 自然環境に及ぼす大気汚染物質の影響評価の確立
(1)西丹沢の環境大気がブナの生長や生理に与える影響の 解明 新規 14~16
○ 温室効果ガス予測評価手法及び抑制手法の確立
(2) 都市大気中の二酸化炭素濃度の変動と施策効果の把握 新規 14~16
○ 自動車等交通公害の低減による良好な都市環境の創造
(3)ディーゼル車対策による環境中のPM2.5及び有害化学物質排出量削減効果の推定(重点課題) 新規 14~16
(4)被害感を評価するための騒音と振動の統合指標の開発 継続 13~15
(5)低防音壁の高性能化等に関する研究 継続 12~14


2-2水質環境部

 

     
課題名 研究期間
○ 化学物質による環境リスクの低減
(1)海洋深層水と沿岸海水の性質比較による海洋環境評価研究 新規 14~15
(2)環境ホルモン等がコイの繁殖に及ぼす影響に関する研究(重点課題) 継続 13~14
(3)モリブデン、ほう素及び硝酸性窒素含有排水の二段処理技術の開発 継続 13~15
○ 水質保全対策の推進
(4)河川水生動物の生息場所評価方法による河川環境評価 継続 13~14

 

 

2-3環境工学部

 

     
課題名 研究期間
○ 廃棄物の適正な処理・処分技術の確立
(1)廃棄物最終処分場からのばいじん等飛散流出の確認手法に関する研究(重点課題) 継続 13~14

 

 

3 行政依頼研究

     
課題名 研究期間
○ダイオキシン類、環境ホルモン等の対策のための技術支援
(1)ダイオキシン類迅速分析法の開発(大気水質課) 新規 14

 

4 共同研究

     
課題名 研究期間
(1)ダイオキシン分解菌を用いたダイオキシン分解処理の研究〔環境省〕 継続 13~15

 

5 重点基礎研究

     
課題名 研究期間
(1)ディーゼル自動車からのPRTR対象化学物質の排出係数に関する基礎的研究(創出型) 新規 14~16

 

6 産学公地域総合研究推進事業(科学技術振興課)

     
課題名 研究期間
○廃棄物の資源化・リサイクル社会形成のための技術の確立
(1)木くず等建設廃棄物のリサイクルに向けた安全性等評価方法の確立 新規  14~16

 

このページの先頭へもどる


これまでの研究テーマ

環境科学センターでは、「研究テーマ」を設定し取り組んでいます。