平成10年度環境科学センター研究課題一覧

 

1 特定研究

 

     
課題名
研究期間
研究担当部門
○ 環境における化学物質の移動と地域環境リスクに関する研究 9~11  
  1 化学物質の水環境中の移動と負荷に関する研究
水質環境部
2 大気中有害化学物質の地域汚染の解明に関する研究
大気環境部
3 廃棄物の移動及び処理処分における化学物質の動態解明に関する研究
環境工学部
○ 小型焼却炉による産業廃棄物の適正燃焼技術の確立に関する研究 9~10
環境工学部

 

2 経常研究

 

2-1 企画調整部

 

     
課題名
研究期間
○ 動植物等を利用した環境モニタリングシステムの開発 10~12

 

 

2-2 大気環境部

 

     
課題名
研究期間
○ 化学物質による環境汚染の実態と汚染機構の解明  
  1 有害大気汚染物質の光分解性に関する研究
-大気汚染防止法に係るモニタリング対象物質の光分解性-
9~11

2 光化学反応による土壌中における有害化学物質の生成 10~12
○ 丹沢大山地域における森林衰退の原因解明  
  1 丹沢、大山における大気汚染の状況と移流、拡散過程の解明 10~11
2 大気汚染物質の樹木葉面への沈着と葉内元素成分の溶出に関する研究 10~12
○ 環境中における大気汚染物質の動態  
  1 時系列データのカオス性を利用した予測について -Ox時間平均環境濃度予測- 9~10
2 大気中炭化水素の挙動に関する研究 10~12
○ 温室効果ガスのモニタリング手法の確立と発生量の把握  
  1 温室効果ガス観測データの性質及び移動発生源からの排出量に関する研究 10~12
○ 自動車からの粒子状物質等の排出実態の解明と排出ガス低減技術の開発  
  1 軽油の改質による粒子状物質の低減に関する研究 9~11
2 廃食用油メチルエステル燃料の排出ガス浄化に関する研究 9~10
○ 自動車排出ガスによる環境汚染の評価とその低減手法開発  
  1 ディーゼル排気粒子(DEP)による環境汚染の評価手法に関する研究 9~11
2 道路沿道における環境改善手法に関する研究 10~12
○ 自動車、鉄道の騒音振動防止技術の開発  
  1 沿道の騒音対策に関する研究  9~11
2 新幹線鉄道騒音におけるLAeqの推定について
-現行の新幹線鉄道騒音評価値を用いた場合-
10~11
3 木造家屋の鉄道震動防止に関する研究 10~12
○ 快適な街づくりのための騒音振動評価手法の確立
  1 住環境に関する心理構造と騒音の及ぼす影響  9~11
2 道路交通振動に関する沿線住民の評価に関する
研究
10~12

 

2-3 水質環境部

 

     
課題名
研究期間
○ 化学物質による環境汚染の実態と汚染機構の解明  
  1 有害未規制金属による底質汚濁の現況調査  8~10
2 環境中での農薬の分解消失に関する研究  8~10
○ 化学物質による環境リスク評価手法の確立  
  1 培養細胞を用いる環境汚染評価手法の確立  8~10
2 マウス由来細胞を用いた発がんプロモータ検出系の簡易スクリーニング方法の開発と環境リスク評価  9~11
3 ホタルトビケラを用いた生物試験による河川の毒性評価  9~11
○ 指標生物を用いた水質評価手法の確立  
  1 平地湧水流の生態系の構造解明 10~12
○ 水辺環境の保全・創造・復元技術の確立  
  1 里山における水域生態家を構成する水生生物の生態的な特性に関する研究(再掲  
2 平地湧水流の生態系の構造解明(再掲  
○ 富栄養化負荷要因及び影響防止技術の確立  
  1 富栄養化防止のための小型合併浄化槽からのリン除去技術の実用化研究  9~10
○ 地下水・土壌汚染の実態と汚染機構の解明  
  1 汚染修復に伴う地下水モニタリング結果の評価手法  8~10
○ 地下水・土壌汚染の浄化技術の開発  
  1 光反応法を用いた有機塩素系化学物質の分解装置の改良  9~11
2 固形水素供与体を用いた生物学的地下水浄化法の開発 10~12

 

2-4 環境工学部

 

     
課題名
研究期間
○ 廃棄物の適正な処理・処分技術の確立  
  1 廃棄物処理技術の評価及び最適化に関する基礎的研究 10~12
2 有機塩素系化学物質の微生物による遺伝子診断に関する研究  9~11
3 廃棄物処理施設から発生する亜酸化窒素(N2O)に関する研究 10~10
○ 廃棄物の中間処理(焼却、無害化等)に伴う有害物質発生抑制技術の確立  
  1 廃棄物焼却施設における焼却排ガス中の有害金
属の挙動に関する研究
10~12

     

課題名
研究期間
○ 廃棄物最終処分場の環境に対する安全性確保のための汚染監視・制御技術の確立  
  1 侵出水処理施設の機能評価および最適処理に関
する研究
10~11

 

2-5 環境情報部

     

課題名
研究期間
○ インターネットによる県民・企業への環境情報提供システム の構築・PRTR情報提供システムの構築  
  1 インターネットを利用した双方向型情報提供システムの構築について 10~11

 

 

3 重点基礎研究(創出型)

 

     
課題名
研究担当部門
1 地球温暖化ガス(亜酸化窒素)の自動車からの排出量低減化に関する基礎的研究
大気環境部
2 酸性霧が葉の生理状態に及ぼす影響に関する基礎的研究
大気環境部
3 神奈川県における水生生物指標に関する基礎的研究
水質環境部
4 化学物質の水処理特性と環境負荷の算出に関する基礎的研究
水質環境部
5 地下水汚染源としての土壌汚染の評価に関する基礎的研究
水質環境部
6 プラスチック製品に含まれる酸化防止剤の環境中における挙動に関する研究
環境工学部

 

 

4 生活者ニーズ対応研究(共同研究)

 

     
課題名
研究期間
研究担当部門
○ 廃プラスチックの選別技術の開発に関する研究  7~ 9
環境工学部
○ 最適リサイクルシステムの設計と評価に関する研究  7~ 9
環境工学部
○ 家庭用生ゴミ処理装置の脱臭装置の開発に関する研究  7~ 9
大気環境部

 

5 地域先導研究(共同研究)

     
課題名
研究期間
研究担当部門
○ 物理的手法による藻類の増殖抑制技術の研究  9~11
水質環境部

 

このページの先頭へもどる

 


これまでの研究テーマ

環境科学センターでは、「研究テーマ」を設定し取り組んでいます。