平成28年度実施 外部評価対象研究課題一覧

課題名 研究期間 課題の詳細 評価結果 主な指摘事項への対応
1 微小粒子状物質の広域的な汚染実態の把握と発生源寄与の解明 H27~29 詳細を見る 結果を見る
対応を見る

2 微小粒子状物質(PM2.5)中の有機炭素成分の指標化の検討

H27~29 詳細を見る

結果を見る

対応を見る
3 相模湾沿岸域におけるマイクロプラスチック汚染の実態解明 H29~31 詳細を見る 結果を見る
対応を見る

4 大涌谷における火山ガスの測定手法の開発

H28~H29 詳細を見る 結果を見る
対応を見る

課題の詳細 (平成28年度実施 外部評価対象研究)

課題名 研究概要 期待される効果
微小粒子状物質の広域的な汚染実態の把握と発生源寄与の解明
PM2.5やその前駆物質について、県外を含めた広域的な発生状況を把握するとともに、レセプターモデルやシミュレーションモデルを用いた解析により発生源の種類と地域を推定する。 PM2.5の広域的な移動実態や発生源の種類別、地域別の寄与割合の情報を提示することにより、効果的な発生源対策が検討できる。
微小粒子状物質(PM2.5)中の有機炭素成分の指標化の検討 PM2.5中の有機炭素成分に関して、主要な構成成分が依然として不明であることから、発生対策に資することができる有機炭素成分を指標として選定し、県内における検出状況等から指標化の妥当性を検証する。 新たな指標として選定した成分分析項目の結果をこれまでに得られている成分分析項目と共に統計的手法やシミュレーションモデルに供することにより、発生源の寄与の推定の一助をなる。
相模湾沿岸域におけるマイクロプラスチック汚染の実態解明
相模湾の海浜におけるマイクロプラスチックの漂着状況、マイクロプラスチックに吸着する化学物質等による汚染の調査を行い、マイクロプラスチック汚染の実態を明らかにする。 相模湾沿岸域におけるマイクロプラスチック汚染の実態を明らかにすることで、削減対策の検討や啓発情報として活用する。
大涌谷における火山ガスの測定手法の開発
大涌谷における火山ガスの採取条件等の検討を踏まえて測定を実施するとともに、機器分析による簡便かつ迅速な測定手法を開発する。 イオンクロマトグラフ等の機器を使用した簡便な測定方法の開発により、今後、より正確かつ迅速に火山ガスを監視することができる。